畳替えを行なうといい時期は梅雨時期以外の乾燥した季節

住宅

電源を抜いて止水栓を閉める

お手洗い

最近のトイレにはウォシュレットが付いていることが多いです。例えば、市役所やデパート、銀行などのトイレにもウォシュレットが使われていることがあります。ウォシュレット付きのトイレには様々な機能がついており、ボタンひとつで音を出したり、水を出してお尻を洗ったり、消臭することもできます。とても便利なウォシュレットですが、長く使っていると水漏れを起こす場合があります。もしも、水漏れが起きてしまったらまず止水栓を閉めましょう。そうすることで水を止めることができるでしょう。これで水を余計に使わなくて済みます。また、ウォシュレットの電源を抜いておくことも大切です。電気が入っていると水を伝って感電する恐れがあります。それを避けるためにもコンセントからプラグを抜く必要があります。それらを行った後で水漏れの箇所を確認してみましょう。ウォシュレットは電化製品です。そのため小まめなメンテナンスが必要になります。メンテナスを怠ることが水漏れの原因につながることもあるのです。なかには自分で直せると思ってウォシュレットを分解してしまう人もいるようですが、安全のためにもちゃんと対応できる水道修理会社に修理を依頼しましょう。とくに、水漏れがどこで起きているのか解らない場合は自分では対処できないことが多いです。こういった場合も修理会社を呼びましょう。ウォシュレットは直すこともできますが、7年以上の場合は寿命の可能性もあります。買い替えと修理の両方を検討しましょう。