畳替えを行なうといい時期は梅雨時期以外の乾燥した季節

男の人

電源を抜いて止水栓を閉める

お手洗い

最近はウォシュレット付きのトイレをよく見かけます。家庭でも普及率が高くなっています。そんなウォシュレットが水漏れしてしまったら、まず止水栓を閉めましょう。水の流れを止めてくれます。

Read More

湿気を避けて替える

和室

最近は畳の部屋が少なくなりました。畳は昔から親しまれていますが、フローリングと違い傷つきやすいというデメリットがあります。そのため、畳を使った部屋は少なくなっているのです。しかし、日本人ならどうしても畳間が欲しいという人もいるでしょう。最近は、マンションでも畳間をつける人が多くなっています。マンションを購入する人の中にも、広いリビングの端っこだけを畳間にするという人がいるようです。畳の利点はクッション性や通気性があるということでしょう。クッション性があるおかげでフローリングより足音が抑えられ静かに過ごすことができます。
畳は張り替える必要があります。何年も使っていると日焼けで新品のときとは全然違う色になるでしょう。例えば、家具を置いていたところは新品のままの色が残っています。そのため、模様替えで家具を移動したときに畳の色の違いに驚かされるでしょう。また、家具を移動したり、椅子やベッドを使用したりすることで畳は傷ついてしまいます。変色したり、傷ついたら畳替えを行ないましょう。一般的に畳替えの時期は梅雨を避けて行なわれます。梅雨時期は湿気が多く、その時期に畳替えを行ってしまうとカビが発生しやすくなるのです。カビが発生すると畳の手入れも大変です。表と裏の畳替えを行なう場合、約3年から5年が標準だといわれています。また、引っ越しや模様替えに合わせて行なう人も多いようです。表と裏を替えることで新調する費用を抑えることができます。

原因を探る

たくさんのトイレ

水回りで日頃からよく使うのがトイレです。トイレはトラブルが起きやすく、つまらせた経験のある人も多いでしょう。つまらせた場合は、何を流したのか、前兆がなかったか確認しましょう。

Read More

下手に触ると危険かも

修理

水回りのトラブルは簡単なものなら自分で修理できると思っている人が多いです。トラブルの種類にもよりますが、返って状況を悪化させる場合があるのです。そんな状況を防ぐためにも水道修理会社に直してもらいましょう。

Read More